“セスクの骨折”という大きな悩みを抱えることとなったヴェンゲルであるが、足首を痛めて11月から長期離脱を強いられていたロビン・ファン・ペルシーに復帰の目途が付いたことを語った。

「ロビンに関する最新ニュースは、復帰に限りなく近づいているということだ。だが、彼をファースト・チームの練習に合流させるには少なくとも後2週間は待つ必要がある。シーズン終盤戦で彼が活躍できることを祈ろう」

バルセロナとのリターンマッチまでに戻ることは非現実的であるが、国内リーグでも優勝の可能性を残す“ガナーズ”に、頼もしいストライカーが今月中には戻ってきそうだ。