モモ・シソコはイタリアに復帰

1月31日、イタリア・セリエAのフィオレンティーナは「パリ・サンジェルマンからマリ代表MFモモ・シソコを獲得した」と公式発表した。シーズン終了までのレンタルという形であるが、完全移籍に切り替えられるオプションが付随している。

リヴァプールやバレンシア、ユヴェントスで活躍したことで知られているモモ・シソコは、2011年にパリ・サンジェルマンに加入。当初は重要な役割を担いレギュラーとしてプレーしたものの、今季は新戦力の台頭に押され出番が激減していた。

冬にはルーカス・モウラの加入が決定しており、さらに本日デイヴィッド・ベッカムを獲得するなどしたクラブは、当初から中盤の人員整理を行うと発表しており、フランスU-19代表MFアドリアン・ラビオもトゥールーズへの移籍が決定している。

(筆:Qoly編集部 K)

{module [170]}
{module [171]}
{module [190]}