補強担当の二人がマンチーニに約束

プレミアリーグのマンチェスター・シティはエディンソン・カバーニの売却条項である5400万ポンドを満額支払う覚悟があるようだ。

シティの監督ロベルト・マンチーニは、昨年の夏にロビン・ファン・ペルシーを獲り逃したあと、選手補強の担当であるフェラン・ソリアーノとチキ・ベギリスタインから大補強を受ける事を約束されていると『Daily Mail』が報じている。

カバーニとアトレティコ・マドリーのラダメル・ファルカオ、そしてリヴァプールのルイス・スアレスが彼らのターゲットに入っていると言われているが、カバーニがもっともイテハド・スタジアムに近い存在のようだ。シティはカバーニ獲得のために英国記録である5000万ポンド(フェルナンド・トーレスがリヴァプールからチェルシーへ移籍した時の金額)を超える金額を準備したと伝えられている。

なお、ファルカオの終着地はチェルシーが濃厚と言われ、スアレスについてはリヴァプールが慰留に努めると見られている。

(筆:Qoly編集部 L)

{module [170]}
{module [171]}
{module [190]}