レプリカユニフォームの売上具合を見れば、その選手の人気度が感覚的に掴むことが可能だろう。

『kitbag.com』が調査を行った「今季における選手毎のレプリカユニフォームの売れ行きデータ」を元に『Daily Mail』が発表した記事によると、人気選手十傑は以下の通りのようだ。

1. ロビン・ファン・ペルシー | マンチェスター・U | 25.4%
2. スティーヴン・ジェラード | リヴァプール | 8.2%
3. ウェイン・ルーニー | マンチェスター・U | 6%
4. 香川真司 | マンチェスター・U | 5.8%
5. ルイス・スアレス | リヴァプール | 3.6%
6. エデン・アザール | チェルシー | 3.1%
7. ポール・スコールズ | マンチェスター・U | 2.7%
8. フェルナンド・トーレス | チェルシー | 2.5%
9. セルヒオ・アグエロ | マンチェスター・C | 2.2%
10. ルーカス・ポドルスキ | アーセナル | 2.1%

1位は、販売シェア率において2位のルーニーに圧倒的な差をつけたファン・ペルシー。「アーセナルのエースとして長年活躍した後にマンチェスター・ユナイテッドへ移る」というセンセーショナルな移籍を果たした話題性も含め、多くのサッカーファンの購買意欲をそそったのだろうか。

そして、並み居るスタープレーヤーを押しのけて、堂々の4位にランクインした香川真司のことも触れざるを得ないだろう。この売り上げ集計は世界ベースではなく、イギリス国名のみで集計したものであるため、その人気と期待が現地でもいかに高いのかが改めて判明した形。彼がドルトムントからユナイテッドへのステップアップを果たした際には経済効果の側面でも注目を集めたが、少なくともこの数字を見る限り、既になかなかの“実績”を上げていると言えるだろう。

香川ユニの売上が英国4位に!

ちなみに、人気クラブ別のベスト3は以下の通りとなっている。

マンチェスター・U

1. ロビン・ファン・ペルシー - 48%
2. ウェイン・ルーニー - 11.4%
3. 香川真司 - 11.1%

マンチェスター・C

1. セルヒオ・アグエロ - 24%
2. マリオ・バロテッリ - 13%
3. ダビド・シルバ - 8.4%

チェルシー

1. エデン・アザール - 23%
2. フェルナンド・トーレス - 18.7%
3. フアン・マタ - 14.1%

アーセナル

1. ルーカス・ボドルスキ - 18.4%
2. ジャック・ウィルシャー - 17.6%
3. アレックス・オクスレイド=チェンバレン - 11%

リヴァプール

1. スティーヴン・ジェラード - 52.6%
2. ルイス・スアレス - 23%
3. ダニエル・アッガー - 7%