ドイツ2部、ザンクト・パウリのGKフィリップ・チャウナーはパーダーボルン07戦で見事な同点ゴールを決めた。ホームのザンクト・パウリが1点を追う試合終盤、コーナーキックのチャンスに・・・

 

このゴールで2-2の同点となった試合はそのまま引き分けでタイムアップ。

試合後、27歳の守護神は「独特の感覚だった。狂気としか言いようがない。少しラッキーな部分もあっただろうね。GKならゴールを夢見るものさ」と話したそう。また、チャウナーにとってこの試合は2部リーグ通算100試合目の出場だった模様。