ビッグクラブに新監督が就任するとなると、話題となるのは人材の入れ替わりだろう。とりわけ、20年近くチームを率いたアレックス・ファーガソンが勇退し、デイヴィッド・モイーズが後任を任されることになったマンチェスター・ユナイテッドは各方面から耳目を集めている。

これまで様々なところで新戦力候補の名前が挙がっているが、『caughtoffside』がまとめた「デイヴィッド・モイーズが夏の移籍市場で狙う10人」を見てみよう。


DF:アディル・ラミ(バレンシア)

DF:レイトン・ベインズ(エヴァートン)

DF:エセキエル・ガライ(ベンフィカ)

DF:ルーク・ショウ(サウサンプトン)

MF:クラウディオ・マルキージオ(ユヴェントス)

MF:マルアヌ・フェライニ(エヴァートン)

MF:ニコラス・ガイタン(ベンフィカ)

MF:ギャレス・ベイル(トッテナム)

FW:カリム・ベンゼマ(レアル・マドリー)

FW:クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)


最新の移籍情報を追っているサッカーファンにとっては、お馴染みの名前ばかりがあった格好だと思うが、やはり、今夏の移籍市場におけるモイーズ新政権のテーマは、「CB陣の増強」、「モイーズ子飼いのタレントの引き入れ」、「ルーニー退団の準備」といったところだろうか。