マンチェスター・ユナイテッドがインテルの2選手の獲得を狙っていると報じられている。

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、ユナイテッドはインテルのイタリア代表DFアンドレア・ラノッキアと、コロンビア代表MFフレディ・グアリンの獲得に興味がある模様。ラノッキアはイタリア代表経験のある25歳の長身DF。26歳のグアリンは昨季ポルトから加入。トッテナムも興味を持つなど去就に注目が集まっている。

グアリンの代理人を務めるマルセロ・フェレイラは『FC Inter News』に対して以下のように語っている。

「彼はここで満足しているし、このカラー(ユニフォームカラーの意味)でチャンピオンになりたいんだ。マンチェスター・ユナイテッドもトッテナムもアンジ・マハチカラも我々のプランには無いよ」

イスコ獲得目前に喜ぶアンチェロッティ

レアル・マドリー加入が目前に迫っているマラガのスペイン代表MF、イスコに対してカルロ・アンチェロッティ新監督は喜びを明らかにしている。

イスコについては、昨日レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長がメディカルチェックを残すのみと発言し、ほぼ加入が決定した状況にあるが、昨日監督に就任したアンチェロッティは以下のように語っている。

「彼はとても才能ある選手だ。彼はファンタスティックであり、スペインのU-21の中で最も才能ある選手だよ。まだ彼がレアル・マドリーの選手だということはできないけど、イスコは世界のどこでもプレーできるよ」