日本代表DF酒井宏樹もフル出場したブンデスリーガ第24節、ハノーファー対レヴァークーゼン戦ではこんなシーンもあった。

 

まさに酒井の目の前でレヴァークーゼンのMFエムレ・ジャンがチームメイトである韓国代表FWソン・フンミンに激突…

先週の代表ウィークでは韓国代表としてギリシャ戦に先発出場し、ゴールも決めていたソン・フンミンだったが、この日はゴールなく69分で途中交代となった。

ソン・フンミンに激突したエムレ・ジャンはその名の通りトルコにルーツを持つものの、ドイツの各世代代表経験を持つ20歳のMF。 昨季までバイエルンでプレーしていた逸材で今季からレヴァークーゼンの10番を背負っている。 かつてはあのウリ・ヘーネスも大絶賛しており、アグレッシブな守備とダイナミックな攻撃参加に加え足元の技術も兼ね備えた攻守両面で活躍できる選手。

そのジャンはドイツU-21代表の一員として今月4日に行われたスペインU-21戦に先発発出場したが前半途中に負傷交代。このハノーファー戦の出場が危ぶまれていたが、こちらはフル出場を果たしている。 なお、ハノーファー対レヴァークーゼン戦は1-1の引き分けで終了している。

【試合ハイライト】

  (権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)