5月22日、『Skysports』は「マンチェスター・ユナイテッドの監督を務めていたデイヴィッド・モイーズ氏が、暴行事件に関与した疑いで事情聴取を受けている」と報じた。

記事によれば、当該の事件は水曜日の夜22時頃、クリザーローのエンポリアム・ワインバーで発生したという。詳細な状況は書かれていないものの、23歳の地元の男性が、51際の男性に暴行されたことを警察に訴えているとのこと。

ランカシャー警察は防犯カメラの映像を解析するとともに、目撃者の話を収集して捜査を進めている。なお、被害者であると訴えている23歳の男性は、病院での治療は必要としていない。

メディアではこの加害者であると疑われている51歳の男がデイヴィッド・モイーズ氏であると報じている。


ランカシャー警察

「警察は、クリザーローのエンポリアム・ワインバーで発生した暴行事件の報告を調査している。報告では、水曜日の午後22時、23歳の地元の男性が51歳の男性に襲われたとのことだ。

捜査は進行中であり、我々は事件を目撃した人物の証言を集め、状況を確定しようとしている。何が起こったかを正確に把握するために動く必要があり、現状ではいくつかの違った供述がある。

なお、現段階では誰も逮捕されてはいない」