過去5年間、低迷した2011-12シーズン(10位)を除き、優勝1回、2位3回とリーグ・アンで常に覇権争いを演じてきた名門オリンピック・マルセイユ。

しかし、2013-14シーズンは序盤から黒星が目立ち、CLはドルトムント、アーセナル、ナポリを相手にグループステージ全敗。特に失点が多く、結局2年目のエリ・ボー監督はシーズン途中で解任。ジョゼ・アニゴSDが暫定監督として指揮を執ったもののチームを劇的に立て直すまでには至らず、6位で欧州への切符を逃す失望のシーズンとなった。

そしてクラブは今月27日、再建を託したマルセロ・ビエルサ監督との契約を完了。アルゼンチン代表やチリ代表、アスレティック・ビルバオなどで実績を残した、「エル・ロコ(変人)」の愛称を持つ58歳の指揮官のもとで再出発を切る。

marseille-2014-15-adidas-home

Marseille 2014-15 adidas Home

そのマルセイユの2014-15シーズンに向けた新ユニフォーム。

今年はマルセイユとadidasの関係が始まってから40周年にあたるため、2014-15ホームもそれを記念し、最初に契約した当時のユニフォームをベースにしたデザイン。Vネックを採用したレトロなシャツで、定番の水色ではなく青が取り入れられている。

marseille-2014-15-adidas-home

marseille-2014-15-adidas-home

“Droit au but”はクラブのスローガンで「ゴールへ一直線」という意味。

marseille-2014-15-adidas-home

右側の裾に近い部分にはマルセイユの紋章をさりげなくプリント。近寄って見なければまず分からないが、羽織の裏地にこだわる江戸っ子のようなadidas Franceの配慮だ。

marseille-2014-15-adidas-home


marseille-2014-15-adidas-away

Marseille 2014-15 adidas Away

続いて、2013-14モデルではジーンズをイメージしたデザインが話題を呼んだアウェイ。

ニューモデルもカジュアル路線?を継続し、綿素材風のグレーのシャツに黒のポケットを備えた作り。モノトーンのカラーリングが印象的なユニフォームである。

marseille-2014-15-adidas-away

marseille-2014-15-adidas-away

marseille-2014-15-adidas-away

marseille-2014-15-adidas-away

画像多めのため、サードは次のページへ。