ブラジルW杯が閉幕しておよそ2ヶ月。

各代表チームが新たな目標に向かって新チームを発足させ、その第一歩目となる初のインターナショナルマッチウィークを過ごしている。

そこで今回は、ブラジルW杯をもって代表チームから引退した選手をまとめてみた。調べてみると、多くのスター選手が今大会を最後に代表チームから離れたことが分かる。

日本代表にとっては少し思い出すのも辛い大会ではあるが、これだけの選手の最後を目に焼き付けることができたことは、サッカーファンとしては幸せだったのかもしれない。

【ブラジルW杯をもって代表チームから引退した世界のスター選手たち】

<クロアチア代表>

・オグニェン・ヴコイェヴィッチ

・エドゥアルド

・スティペ・プレティコサ

<カメルーン代表>

・サミュエル・エトー

<スペイン代表>

・ダビド・ビジャ

・チャビ・エルナンデス

・シャビ・アロンソ

<コロンビア代表>

・ファリド・モンドラゴン(現役引退)

<コートジボワール代表>

・ディディエ・ゾコラ

・ディディエ・ドログバ

<ギリシャ代表>

・ギオルゴス・カラグニス

<イングランド代表>

・アシュリー・コール(正確にはW杯前に引退を表明)

・スティーヴン・ジェラード

・フランク・ランパード

<フランス代表>

・ミカエル・ランドロー(現役引退)

・サミル・ナスリ

・フランク・リベリ

・エリック・アビダル

<ナイジェリア代表>

・ジョゼフ・ヨボ

<ドイツ代表>

・フィリップ・ラーム

・ミロスラフ・クローゼ

・ペア・メルテザッカー

<ベルギー代表>

・ダニエル・ファン・ブイテン(現役引退)

※ブラジルW杯に出場した32ヵ国の中で、有名選手を中心に集計。

※以上の集計結果が全てではない可能性があります。

※2014/9/9最終更新