今ワールドカップでの噛みつき事件により4か月間の出場停止処分を科されたウルグアイ代表FWルイス・スアレス。

そのためスアレスは10月26日まで公式戦に出場できない見込みだが、なんとサッカーゲーム『FIFA15』でも同じく出場停止が明けるまで一部モードで使うことができない可能性があるようだ。

EA Sports FIFAの公式ツイッターのメッセージがこちら。

「ルイス・スアレスは処分が解かれるまでFIFA15のUltimate Team(ゲーム内のモード)で入手できませんか?」との質問に対する回答は

選手がフットボールを禁止された時、その処分が解けるまでFIFA15のUltimate Teamでは使用できません」というものであった。 つまりゲーム内の一部モードでは出場停止が明けるまでスアレスを使うことができないようだ。

Ultimate Teamとは『試合をプレイしてコインを稼ぎ、カードを集めて選手・監督・チームスタッフなど、あらゆる要素のカードを集めて自分だけの究極のチームを作り上げるモード』で、今作では“レンタル選手機能”など新たな要素も追加されているとか。(公式HPより抜粋)

そのFIFA15は海外で今月末に発売が開始され、日本では来月9日に発売予定となっている。