9月27日、『Skysports』は「マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督は、選手たちがあまりにも多くの情報を受け取りすぎていると話した」と報じた。

今夏マンチェスター・ユナイテッドの指揮官に就任し、プレシーズンでは連勝を続けてきたルイス・ファン・ハール監督。ところがリーグが始まってみれば絶不調に陥り、多額の資金を投じて行った補強もまだ結果に結びつくまでには至らず。デイヴィッド・モイーズ体制よりもさらに悪いスタートを切ってしまった。

ファン・ハール監督は、選手たちはまだ取り入れなければならない情報に溺れている状態にあるのではないかと話し、時間が必要であると主張した。


ルイス・ファン・ハール マンチェスター・ユナイテッド監督

「我々は選手たちに多くの情報を与えている。そして彼らはそれらを実現しなければならない。このシーズン全体を考えれば、この情報量は多くはない。しかし、この瞬間だけを見れば、選手たちはそれが多すぎるのだろう。

新しいチーム、新しい選手、そして新しい関係で始めているので、とても難しい。従って、

それが時間を必要としている理由なのだ。

(DFが不足しているが、夏の補強については?)

我々はおそらく右サイドのセンターバックを獲ろうとして、マーケットに臨んでいた。しかし誰も知らないし、それについて議論もしたくはない。

私の注目は年齢でも経験でもない。個人のプロフィールだ。それに適合しなければならない。この世界には多くのディフェンダーがいるが、私は誰でもいいわけではない。

年齢というのはそれほど重要ではない。私のオランダ代表でのブルーノ・マルティンス・インディ、ステファン・デ・フライはまだ21~22歳だった。

レスター戦までは、我々は3ゴールしかとったことがなかった。それほど良いプレーはしていなかったが、ディフェンスの組織に関しては良かった」