今週はトッテナムのエリック・ラメラが決めたラボーナでのスーパーゴールが世界中の話題をさらったが、日本からもメラメラとライバル心を燃やしていそうな“あの男”がすんごいゴールを決めた。

26日に行われたJ2第38節、コンサドーレ札幌対湘南ベルマーレの試合。前半9分、コンサドーレの都倉賢がこのシュート。

これはヤバイ。

ゴールキックを胸トラップで上手くコントロールすると、ツーバウンド目の落ち際を強烈なボレーでゴールに叩き込んだ。

ゴール後には一瞬、仁王立ちしているかのように見えるが、都倉の仁王立ちといえば2年前のこのゴールだろう。

自身のtwitterプロフィールにも “バロテッリのパフォーマンスが話題となりYouTube100万PV 世界で報道される”と、何とも丁寧に説明している通りイタリア代表マリオ・バロテッリのポーズを模倣して世界で話題となったゴールだ。

作曲家・都倉俊一氏を叔父に持つ“サッカー界のプリンス”にしてQolyの隠れファン(?)として知られる都倉。時折決めるスーパーゴールのイメージが強いが、今シーズン11ゴールと確かな結果を残している。これからもどんどんゴールを決めて、Qolyにネタを提供してほしいものである。

試合はコンサドーレ札幌が既に優勝と昇格を決めている湘南ベルマーレに2-0で勝利。勝ち点を55に伸ばし、プレーオフ圏争いに踏みとどまっている。