チェコ1部のプジーブラムというクラブがコーナーキックでみせた秘技?がちょっとした話題だ。

テプリツェ戦でのワンシーンがこちら。

直前まで相手からマークされるのを防ぐためゴール前でプジーブラムの選手たちはクルクル・・・その後一斉に散ってボールに合わせようとしたのだがキックが長く結果は失敗。

Rozehrávka rohového kopu v podání Příbrami :-)
Posted by 1.FK Příbram on 2014年11月7日

有効性は置いておいてアイディアとしてはなかなかおもしろいシーンであった。