世界各地の美しいスタジアムをこれでもかと見れちゃう動画、「THE MOST BEAUTIFUL STADIUMS IN THE WORLD 2014」を紹介。

日本からは大分トリニータのホームスタジアムとしても知られる大分スポーツ公園総合競技場、通称「大銀ドーム」がピックアップされている。(3:55~)

大分銀行が命名権を持つ「大分銀行ドーム」 (略して大銀ドーム)は2002年の日韓ワールドカップでも使用された4万人収容の多目的スタジアムで、開閉式の屋根も特徴的。(所有者は大分県)

公式HPによれば、 『球体の一部が大地と接した形態をしているため、遠くから見ると他の山なみと調和し、自然と一体となります。 また、大きな特徴である開閉屋根も、形状が球体の一部をなしているため、開いているときも、閉じているときも、シンプルで一体感のあるシルエットを形成します。』とのこと。