プレミアリーグ第27節、リヴァプール対マンチェスター・シティ戦ではこんなシーンがあった。


ラヒーム・スターリングとヴァンサン・コンパニがルーズボールに突進すると…


勢いよくショルダータックルをしかけた両者が激突!…と、弾き飛ばされたのはなんとコンパニのほうだった。

小柄なスターリング(170cm69kg)に対し、コンパニは巨漢(193cm85kg)。身長差20cm以上、体重差も15kg以上もある両者だったが、まさかの結果であった。重心がブレないドリブルが武器のスターリングだが、こんな強さまで持っていたとは。

なお、試合は2-1でリヴァプールが勝利している。