ベルギーの次世代を担う“神童パサ"ーにチェルシーが興味を抱いているようだ。

その選手の名は、ユーリ・ティエレマンス。弱冠16歳にしてアンデルレヒトでレギュラーになった超逸材である。

ティエレマンスは1997年5月7日生まれの17歳。中盤の後方から試合を組み合てるゲームメーカータイプで、昨シーズン見せた超ロングスルーパスは話題となった

そのポテンシャルは本物で、17歳にしてU-21ベルギー代表にも飛び級で選出されており、とにかく規格外な選手だ。

そんなティエレマンスにはマンチェスター・ユナイテッドやアーセナルも関心を寄せていると伝えられてるが、このほどチェルシーもその獲得レースに参加するとのこと。

ベルギー『HLN』によれば、チェルシーのスカウトであるトニー・ホワイト氏がアンデルレヒト戦をすでに視察済みであるようで、同クラブのMFでこちらも将来を嘱望されているレアンデル・デンドンケルにも興味を示していると英国『Mail Online』は伝えている。