ベトナムサッカー連盟(VFF)はハノイ市で4日、ヤンマー株式会社との間で、男子ベトナムA代表およびU-23代表に関するスポンサー契約を締結した。契約期間は1年。

締結式には、VFFからチャン・クオック・トゥアン副会長、レ・ホアイ・アイン書記長、ベトナム代表(U-23兼任)の三浦俊也監督らが参加。ヤンマーからは、荒木健ブランドマネジメント部長、ベトナム現地法人の岡田嘉宏社長が参加した。また、日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三副会長も締結式に立ち会った。

今回のスポンサー契約締結によりヤンマーは今後、対象試合におけるピッチ看板、バックボード、ベトナム代表の練習着(背中)へのロゴ掲出や観戦チケットやプロモーションなどを通じて ベトナム代表をサポートしていくという。

なお、ヤンマーは今年初めにベトナム現地法人「YANMAR AGRICULTURAL MACHINERY VIETNAM CO.,LTD.」を設立しており、同国の農業機械市場に本格参入を果たしている。ベトナムで圧倒的な人気を誇るサッカーベトナム代表チームのスポンサーを務めることで、世界第3位のコメ輸出国であるベトナムにおいて、ブランド力の向上と農機販売拡大に繋げたい考えだ。

(C) ヤンマー, ベトナム代表の練習着

記事提供元: 「ヤンマー、サッカーベトナム代表とスポンサー契約締結@Vietam Football