このほど行われたクプ・ドゥ・フランス、コンカルノー(4部)対ギャンガン戦でスゴいシーンがあった。

後半アディショナルタイムにギャンガンのFWクロディオ・ボーヴが放ったフリーキックがこちら。

【※音量注意。ゴール裏から。予備】

無回転で放たれたボールはくっと落ちてあっという間にゴールイン!弾道も完璧、キックフォームも美しい、まさに最高のフリーキックだった。

これが決勝点となり、ギャンガンが2-1で勝利を収めている。

ボーヴは1988年生まれの26歳。フランスの海外県であるグアドループ島の出身。スピードが武器のウインガーで、小柄ながらジャンプ力に優れるなどバネのある選手。また、オーバーヘッドも得意で、スーパーゴールも多く、今回見せたようにフリーキックもなかなかにうまい。

今季はリーグアンで11得点、全コンペティションでは16得点と爆発中。現地ではフランス代表に呼ぶべきではないかという声も出ている。ちなみに、グアドループ代表としての試合出場経験があるが、これが公式戦かどうかは不明。