パラグアイ代表の新指揮官ラモン・ディアスは10日、今月行われる親善試合に向けた国外組メンバー19人を発表した。

昨年末に就任したアルゼンチンのレジェンド、ラモン・ディアスは最初の招集でこの3年間、代表戦での出場がないルーカス・バリオスを呼び戻した。かつてドルトムントで香川真司とコンビを組み活躍したバリオスだが、近年は怪我などでパフォーマンスを落とし、各国を転々としている。

また、ディアスはドイツで活躍を続けているラウール・ボバディージャを初招集した。ボバディージャはアルゼンチン出身で一般的にもアルゼンチン人として紹介されているが、両親はグアラニーの血をひくパラグアイ人。ヘラルド・ペルッソ体制だった2013年にも帰化が取り沙汰されていた。

パラグアイは26日にコスタリカ代表、31日にメキシコ代表と対戦する。

GK:

フスト・ビジャール / Justo Wilmar Villar Viveros
(コロコロ/CHI)

アントニー・シルバ / Antony Domingo Silva Cano
(インデペンディエンテ・メデジン/COL)

DF:

パウロ・ダ・シルバ / Paulo César da Silva Barrios
(トルーカ/MEX)

グスタボ・ゴメス / Gustavo Raúl Gómez Portillo
(ラヌース/ARG)

パブロ・アギラル / Pablo César Aguilar Benítez
(クルブ・アメリカ/MEX)

イバン・ピリス / Iván Rodrigo Piris Leguizamón
(ウディネーゼ/ITA)

ミゲル・サムディオ / Miguel Ángel Ramón Samudio
(クルブ・アメリカ/MEX)

マルコ・カセレス / Marco Antonio Cáceres Centurión
(ニューウェルス/ARG)

MF:

ビクトル・カセレス / Víctor Javier Cáceres Centurión
(フラメンゴ/BRA)

ネストル・オルティゴサ / Néstor Ezequiel Ortigoza
(サンロレンソ/ARG)

ホルヘ・ロハス / Jorge Luis Rojas Meza
(ヒムナシア・ラ・プラタ/ARG)

リチャル・オルティス / Richard Ortiz Busco
(トルーカ/MEX)

オスカル・ロメロ / Óscar David Romero Villamayor
(ラシン・クラブ/ARG)

オスバルド・マルティネス / Osvaldo David Martínez Arce
(クルブ・アメリカ/MEX)

FW:

ロケ・サンタ・クルス / Roque Luis Santa Cruz Cantero
(クルス・アスル/MEX)

ルーカス・バリオス / Lucas Ramón Barrios Cáceres
(モンペリエ/FRA)

エドガル・ベニテス / Édgar Milciades Benítez Santander
(トルーカ/MEX)

デルリス・ゴンサレス / Derlis Alberto González Galeano
(バーゼル/SUI)

ラウール・ボバディージャ / Raúl Marcelo Bobadilla
(アウクスブルク/GER)