フランス2部でなんともすごいゴールが決まった。

ソショーのMF、フローラン・ベランゲがシャトールー戦でお見舞いした一撃がこちら。

シルヴァン・パリー主審のかかとに当たったボールを素早く拾ったベランゲはハーフライン付近から超ロングシュート!前に出ていたGKの頭上を越して見事ゴールインとなった。

ソショーが2点をリードした試合終盤(89分)という場面での出来事で、試合の行方を左右するものではなかったが、審判のまさかのアシストから生まれたスーパーゴールであった。ソショーを率いるオリヴィエ・エシュアフニ監督も「フローラン・ベランゲはファンタスティックなゴールを決めた!」と興奮気味だったようだ。

3-0で勝利したソショーは現在5位。一方のシャトールーは最下位となっている。

ちなみに、もっとファンシーなヒールパスを決めた主審がギリシャにいます。