シャルケMF、ケヴィン=プリンス・ボアテングのガールフレンド、メリッサ・サッタが噂されるローマへの移籍について語った。

かつてトッテナムやミランで活躍したボアテングは、昨年のワールドカップにガーナ代表としてプレー。サリー・ムンタリと共に代表から追放されたことで話題になった。現在は日本代表DF、内田篤人のチームメイトであり、クラブとは2016年まで契約を結んでいる。

一方のメリッサはかつて元イタリア代表FWのクリスティアン・ヴィエリと交際したことで名を馳せた美人モデル。ボアテングとは2011年に婚約している。今回、『Tiki Taka』のインタビューに対して以下のように答えたようだ。

メリッサ・サッタ
(モデル、女優、ボアテングの恋人)


「ローマ?首都にはよく行くわ。好きよ」

「可能性はあるわね。私達はシーズン終了後に決めることになるわ」

なお、シャルケ側は1200万ユーロ(およそ15.7億円)での売却を望んでいるようだ。