4月15日、『BBC』や『Inside』など各メディアは「アーセナルからアルメリアに貸し出されているブラジルU-21代表FWウェリントン・シウヴァは、スペインのパスポートを取得した」と報じた。

ウェリントン・アウヴェス・ダ・シウヴァは1993年生まれの22歳。フルミネンセの下部組織出身で、2010年1月に350万ポンド(現在のレートでおよそ6億3000万円)の移籍金が動いてアーセナルと契約を結んだ。

しかし英国への移籍に必要な労働許可証が取得できなかったため、レバンテやポンフェラディーナ、ムルシアなどにレンタル移籍しており、今期はアルメリアに所属していた。

そして15日にウェリントン・シウヴァは自身のツイッターでスペインのパスポートを取得できたことを報告。ついに欧州でも外国人枠に制限されない選手となった。

なお、労働許可証についても昨年10月に発行されたことが『Telegraph』によって報告されており、来季はアーセナルの一員としてプレシーズンを過ごす可能性が高いと考えられている。