今年に入ってからやや調子を落とし、リーガで首位の座をバルセロナに譲ったレアル・マドリー。しかし、この選手が復帰した先月以降は本来の姿を取り戻しつつあった。

クロアチア代表MFルカ・モドリッチ。昨年の「デシマ」達成にも大きく貢献した29歳のコンダクターは、昨年11月に負った大腿部の怪我から3月復帰。チームのパフォーマンスアップに一役買っていたが、18日のマラガ戦で右ひざ外側側副靱帯を損傷し、6週間の離脱。今季中の復帰が微妙になってしまった。

マドリーの中盤でパスを捌くタイプといえば、昨年夏にバイエルン・ミュンヘンから加入したトーニ・クロースも健在。25歳のドイツ代表MFがリーガ1年目で見せてきたプレーも実に立派なものだった。しかし、ここ一ヶ月でモドリッチの“価値”を再認識したファンも多かったことだろう。

では実際のところ、彼ら2人は何が違うか。

今回は両者の違い、特にパスについて、プレー動画を見ながら比べてみたい。

2つの動画はいずれも10分強。2ページ目以降を読んだ後で見た方が効率的には良いが、自分の目で見る!という方は動画からぜひ。

トーニ・クロース(2014-15)

ルカ・モドリッチ(2015年3月)

さて、2人の違いは?

【次ページ】決して完璧ではないクロースのキック