キング・パワー・スタジアムで行われたレスター対チェルシーの一戦。前半に先制されたチェルシーだったが、後半に3点を奪って3-1で逆転勝利を収めた。

モウリーニョ監督が「とてもいいチーム相手に難しい前半になった。(レスターは)とてもよく守備が組織され、いいプレスをし、スペースを埋めてきた」と語った試合には今季からレスターでプレーするエステバン・カンビアッソもフル出場。

試合後にはこんなシーンがあった。

戦いを終えた選手たちがロッカーへと引き上げるなか、誰かを待っている様子のモウリーニョ。カメラがターンすると、熱い抱擁をかわすモウリーニョとカンビアッソの姿が映し出された。

トレブルを達成するなど栄華を極めたインテルで師弟関係にあった2人。モウリーニョはこの試合に向けて、「私はカンビアッソとともにトレブルを勝ち取った。彼は私の“ゴールデン"チームにおいて基礎であったし、私にとって多くの意味を持つ選手のひとりだ。彼は(レスターにとって?)驚異的な存在になっているし、私もとても嬉しい」と語っていた。何か言葉を交わしており、旧交を温めていたようだ。

その後、モウリーニョはレスターのGKカスパー・シュマイケルと握手をかわした後、サムアップしながら引き上げていった。カンビアッソに挨拶をするためにわざわざ待っていたのかもしれない。