昨年、10シーズンぶりとなるプレミアリーグ復帰を果たし、その戦いぶりが注目されたレスター・シティ。

リーグ終盤まで最下位に沈んでいた彼らだが、4月に入るとナイジェル・ピアソン監督率いるチームは突如覚醒し、ラスト9試合でなんと7勝1分1敗! 最終節では降格するQPRに5-1の大勝を収め、見事14位でシーズンを終えた。

Leicester City 2015-16 Puma Home

leicester-city-2015-16-puma-home-kit

そのQPR戦当日、既に残留を決めていたレスターは、2015-16シーズンの新ユニフォームを発表。

新しいホームはクラブカラーの青を基調にしたシンプルなデザインを継続。首元の“V字”には差し色として定着したゴールドを配している。

leicester-city-2015-16-puma-home-kit

leicester-city-2015-16-puma-home-kit

leicester-city-2015-16-puma-home-kit

パンツやソックスのサイドに入れられたゴールドの太いラインも印象的な新ユニフォームは、さっそくQPR戦でデビューを飾っている。

1年目からプレミアに適応し、残留に大きく貢献したエステバン・カンビアッソ。

元アルゼンチン代表のベテランMFは持ち前のバランス感覚とともに得点力も見せつけ、チーム2位タイの5ゴールを記録。サポーターによりチームの年間最優秀選手に選出された。