週末ということでビッグクラブ同士の対決など多くのプレシーズンマッチが行われた24日、二人の偉大なパサーがそれぞれ見事なアシストを決めていたので紹介したい。

まずはアーセナルのドイツ代表MF、メスト・エジルだ。

昨年のワールドカップを制した26歳の攻撃的MFだが、昨季は負傷などでリーグ戦22試合の出場にとどまった。

当然加入3年目となる今季にかける思いは強く、18日のエヴァートン戦でフル出場して得点も記録すると、24日のエミレーツカップ、リヨン戦でも先発して63分までプレー。チームはこの間に5つゴールを重ねた。その4点目となったアーロン・ラムジーへのアシストがまた素晴らしかった。

抜け出して左サイドでボールを持ったエジル。中盤からラムジーが駆け上がってくるのを確認すると、タメを作りながらタイミングを図った上で、左へ少しずらした後にゴール前へパス。

絶妙の“弱さ”にGKが一瞬出かかったところでちょうどラムジーが合わせ、ニアサイドを見事に抜いた。

メスト・エジルのアシスト

ここで待ち合わせる技術とセンスがすごい! もちろんスペースを見極めてきっちり合わせたラムジーもさすがである。

【次ページ】昨季プレミアのアシスト王、セスクも魅せた!