30日、コパ・アメリカ後の短いバカンスを終え、リオネル・メッシがバルセロナのトレーニングに参加した。

2014-15シーズン、合計で67試合の公式戦に出場し100時間プレーしたメッシ。バルセロナへの合流は予定より1週間早いものであり、他にもハビエル・マスケラーノやネイマール、ダニ・アウヴェスらが時を同じくしてチームに合流している。

メッシたちはこの日メディカルチェックを行った後、軽めのメニューで汗を流した。着用していたソックスがサッカー競技用のものではなかったため、おそらくはボールを使わないトレーニングを行ったのだろう。

そんな選手たちの様子をバルセロナのInstagramアカウントが掲載していたのだが、あることに気付いた。

こちらは、メッシとネイマールの2ショット写真である。

両選手はノースリーブのトレーニングウェアを着て、短いソックスをはいている。そのため自身の体に刻まれたタトゥーが丸見えになっているのだが、メッシの身体にご注目。かなりインパクトある感じに仕上がっているのだ。

今年に入り、少なくとも2度はタトゥーを彫っていたメッシ。その様子はユニフォームを着た状態でも確認できたが、身体がこれほど露わになった状態で全体像を確認できる機会はそうなかった。

メッシといえば、若い頃はどこか華奢で色白という印象があった。それだけに、これほど派手なタトゥーが入ったメッシの身体はちょっと見慣れぬ感じではある。

Sigo trabajando día a día para volver a jugar pronto. La recuperación va bien.I'm still working every day to play again soon. The recovery is going well.
Posted by Leo Messi on 2013年10月8日

比べてみると一目瞭然。

メッシのパートナーであるアントネッラさんはもうすぐ第二子の出産を控えており、仮に子供が生まれればメッシはまた新しくタトゥーを彫るのだろうか?