皆さん、こんにちは。駒場野です。

今回は珍しく、前回に続いてのコラムです(苦笑)。それは、ちょっとタイムリーな話題に関わる「署名依頼」をメールでいただいたからでした。特にRSSSFメンバーとして、とても興味深いテーマだったので、差出人の了解を取り、このQolyでも紹介させていただきます。

パシフィック・ゲームスの大量点差と複雑性

7月のワールドサッカーの話題の一つに、ミクロネシア連邦があります。第15回パシフィック・ゲームスに参加したこのU-23チームは、グループステージの3試合で記録的な大敗を続けました。

どれも完封負けの上、初戦のタヒチ相手に30点、2戦目のフィジーには38点を許し、最終戦のバヌアツには46ゴールを奪われました。特に「0-38」と「0-46」は、2001年の日韓W杯オセアニア予選でアメリカ領サモアがオーストラリアに「0-31」で敗れたのを上回る「世界新記録」でした。ミクロネシア連邦は7月5日から7日までの3日間でワーストの1位と2位を独占する事になったのです。この「異次元の結果」はQolyでも紹介されました。

リオ五輪オセアニア予選で驚愕のスコア、なんと0-38
http://qoly.jp/2015/07/06/micronesia-vs-fiji-0-38

38-0が生まれたオセアニア五輪予選、また記録が更新される
http://qoly.jp/2015/07/07/vanuatu-vs-micronesia-46-0

バヌアツ代表FW、1試合で16得点取っていた
http://qoly.jp/2015/07/10/vanuatu-international-striker-jean-kaltack-scored-16-goals

しかしこの2試合は、「サッカーの国際試合での大差試合」ではあっても、「FIFA公式戦での大差記録試合」にはなりませんでした。この試合は五輪予選を兼ねていたので、どちらもU-23代表での試合だったのと、ミクロネシア連邦はFIFAに未加盟なので、こことの試合はFIFAが公認しないという2つの理由です。

そう、今回の本題に入る前に、ちょっと説明しないと。

この「パシフィック・ゲームス」は、太平洋に浮かぶ島国が集まって4年に一度開く、地域の総合スポーツ大会です。15回目の今年は7月にパプアニューギニアの首都ポートモレスビーで行われ、24の国や地域から集まった選手が28競技で競いました。今回はオーストラリアとニュージーランドが限定的に初参加したのも話題になったようですが、金メダル88個とメダル総数217個で、ともにホスト国のパプアニューギニアが1位でした。

パシフィック・ゲームス2015、ポートモレスビー大会の公式マーク。
公式サイト:http://www.portmoresby2015.com/

そして、オセアニアサッカー連盟(OFC)はこのパシフィック・ゲームスを、リオ五輪の予選大会にしました。ところがミクロネシア連邦はFIFA未加盟、あるいはグループリーグで2位以内に入った2つのフランス領地域、タヒチとニューカレドニアはIOCに未加盟のため、リオ五輪への出場権が元々ありません。逆に、ニュージーランドはパシフィック・ゲームスの正式メンバーではないという理由で、サッカーでの準決勝進出権を与えられていませんでした(オーストラリアはAFCに移っているので、サッカーは元々不参加)。

そこで、この大会ではグループリーグをまず4チーム×2組で行い、その中で「五輪出場権のある各組上位2チーム」で「五輪代表決定トーナメント」(優勝すればリオ行き)をまず行い、その後で「ニュージーランド以外の国」でパシフィック・ゲームス自体の準決勝と決勝をする事になりました。

ところが、男子の五輪予選準決勝でバヌアツを2-0で下したニュージーランドに登録資格のない選手がいた事が分かり、失格処分となって3大会ぶりに五輪切符を逃したのも、Qolyを含めて大きな話題になっていましたね。結局、スコアレスで終わった決勝でバヌアツとのPK戦に勝ったフィジーが男女を通じての五輪初出場を決め、パシフィック・ゲームスの優勝はそのフィジーとタヒチに連勝したニューカレドニア(3連覇、最多の6回優勝)でした。女子はこの大会で優勝したパプアニューギニアが不参加だったニュージーランドとのプレーオフを行う予定です。

ニュージーランド代表、失格処分でリオ五輪出場不可に
http://qoly.jp/2015/07/12/newzealand-u-23-team-banned-from-2016-olympic-qualifiers

ところが、これもQolyの記事ですが、この大会ではその後も続々と無資格選手の登録が発覚しているようです。太平洋の島国は小さな所が多く、独立していない自治領や海外領土も7つ含まれているという、この地域ならではの課題が見えてきます。

五輪予選でニュージーランドに2人目の国籍違反、8チーム中6名が出場資格なし
http://qoly.jp/2015/07/25/ofc-announced-that-new-zealand-2-players-was-ineligible

【次ページ】ミクロネシア・ゲームスでの「初代王者」