プレミアリーグ第2節、マンチェスター・シティはホームで王者チェルシーを3-0で下した。

ジョゼ・モウリーニョ監督は「この0-3はフェイク」と語る一方、マヌエル・ペジェグリーニ監督は「今日の我々は完璧な試合をした。素晴らしいパフォーマンスだった」とその戦いぶりを誇っていた。

さて、このビッグマッチではこんなシーンもあった。

シティGKジョー・ハートがありったけの声でヤヤ・トゥレの名前を絶叫!

この日のシティは前線がFWアグエロ(173cm)、スターリング(170cm)、ダビド・シルバ(170cm)、ヘスス・ナバス(172cm)と小柄な組み合わせであった。ハートとしては、ゴールキックを190cmを超えるヤヤ・トゥレに当てるために、ポジションの修正を指示していたように思える。セスク側に寄れという指示だったのだろうか。

このハートの絶叫はマイクにはしっかり収められていたが、遠く離れたヤヤ・トゥレにはあまり伝わっていなかった?