ベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネのマンチェスター・シティ移籍がついに決まった。

ヴォルフスブルクから引き抜くためにシティが支払った移籍金は5500万ポンド(103億円)とも言われている。スターリングに続き、またもビッグディールを実現させたその資金力はもはや異次元である。

さて、デ・ブライネ移籍が決まる前のことだが、『sportingintelligence』がこんなツイートをしていた。

これは、これまでイングランドのクラブが最も高額な移籍金を支払って獲得した選手12人をまとめたもの(デ・ブライネは£54mとなっている)。

そのうちの半数にあたる6人がシティが獲得した選手なのだ。そして、テベス以外の5人(デ・ブライネ、スターリング、マンガラ、アグエロ、フェルナンジーニョ)は現在もシティに在籍している。

なお、テベスについては2550万ポンド(現レートで47.7億円)というのが一般的に知られている移籍金のはず。ただ、『The Times』などによれば、実際はその倍近い4700万ポンド(現レートで88億円)もの金額をシティは捻出しているとのこと。テベスに限らず移籍金が公にされていないケースは推定となってしまうのは致し方ないところだろう。

参考までに現在シティに在籍する5人の移籍金を合計してみた(日本円換算は現行レート)。

デ・ブライネ 5500万ポンド(102億円)
スターリング 4900万ポンド(91.7億円)
マンガラ 4200万ポンド(78.6億円)
アグエロ 3950万ポンド(74億円)
フェルナンジーニョ 3400万ポンド(63.6億円)
=2.195億ポンド(411億円)!

まさに異次元…サッカーゲームでもこんなお金の使い方はそうそうできないはず。

今季のシティはDFニコラス・オタメンディも3200万ポンド(およそ60億円)で獲得しており、チームを率いるペジェグリーニ監督にはプレッシャーの掛かるシーズンになりそうだ。