『Opendorse』というアカウントがつぶやいていた情報を、スペインの『as』が取り上げていたので紹介する。それがこちら。

これは、「1ツイートあたりの価値(≒経済効果)が最も高い世界のアスリートのトップ10」。

断トツとも言える値なのが、レアル・マドリーのクリスティアーノ・ロナウド。1ツイートあたりの価値は26万490ドル(3112万円)になると見積もられている。

昨年末時点の調査で世界でも最も人気のアスリートにもなったというロナウドは、Twitterのフォロワー数が3700万人。また、Facebookのいいね!も1億を超えているほか、Instagramもほぼ2500万人ものフォロワーがいる。ある意味では納得の結果と言えるだろうか。

あらためて、トップ10の顔ぶれを見てみるとこうなる。

1位 C・ロナウド(レアル・マドリー)26万490ドル=3112万円
2位 レブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ/NBA選手)14万119ドル=1674.2万円
3位 ネイマール(バルセロナ)13万5900ドル=1623.8万円
4位 ウェイン・ルーニー(マンチェスター・ユナイテッド)8万1690ドル=976.1万円
5位 メスト・エジル(アーセナル)6万8380ドル=817万円
6位 ケビン・デュラント(オクラホマシティ・サンダー/NBA選手)6万6764ドル=797.7万円
7位 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)6万2540ドル=747.2万円
8位 ラダメル・ファルカオ(チェルシー)6万2210ドル=743.3万円
9位 ハメス・ロドリゲス(レアル・マドリー)5万9100ドル=706.1万円
10位 ラファエル・ナダル(プロテニス選手)5万8240ドル=695.9万円

実に10人中7人がサッカー選手。2人がバスケットボール選手で、1人がテニス選手という結果であった。