昨シーズンはユヴェントスでプレーし、この夏バイエルンへとローンで加入したフランス人MFキングスレイ・コマン。

契約期間は2年間であり、買い取りオプションも付随しているという。

そんなコマンの移籍は、先月30日に発表された。当時ヨーロッパは移籍市場の締め切り直前であり、その直後にはインターナショナルマッチウィークが控えていた。コマンもマンコウスキ監督率いるU-21フランス代表に招集されており、そうした理由からバイエルンへの加入記者会見は昨日現地で行われたようである。

バイエルンの取締役であるマティアス・ザマーとともに記者会見場へとやってきたコマン。

「ここに到着したとき、なんて偉大なクラブなんだと思った。とても歓迎されていると感じるし、落ち着いているよ」と話すなどかなり感激している様子だったのだが、髪の毛につけていたアクセサリーがなんとも特徴的だった。

短髪ながらもビーズで繋がれた(?)ヘアーアクセサリーをつけており、まるでインテルFWロドリゴ・パラシオのような感じになっている。ドイツ『Bild』も「気まぐれなヘアーアクセサリー」と紹介。

なんでもコマンはPSG時代からこうしたアクセサリーをつけていたそうで、ユヴェントス時代にもその姿は確認されている。しかし、やはり練習中や試合中では外しており、オフなどでそのオシャレを楽しんでいるようだ。

こちらはバイエルンとの契約が発表された先月30日の写真。良く見ると、ビーズの配色が昨日のものと微妙に違う。

いろんな種類のものを持っているのか、あるいは色を並び替えているのか…。

ちなみにこの日は軽めのトレーニングだったのか、練習中にもこのアクセサリーをつけるコマンの姿が確認されている。