プレミアリーグ首位のマンチェスター・シティは12日、クリスタル・パレスとアウェイで対戦。

試合は0-0で迎えた後半アディショナルタイム、注目の若手FWケレチ・イヘアナチョの劇的ゴールでシティが勝利し、開幕から無傷の5連勝を達成した。

昨季を含めるとこれで11連勝。前節更新したクラブ記録をさらに一つ伸ばしている。

そしてイヘアナチョの決勝弾に安堵した一人が、MFヘスス・ナバスだろう。というのも、この試合の51分にこんな場面が。

カウンターから味方のパスで抜け出し、最後はGKも交わしてフィニッシュ・・・と思ったらまさかの枠外。

直後のズコーも納得の外しっぷりであった。引き分けに終わっていたらいろいろ言われたに違いない。

ちなみに、ナバスへパスを送ったのは、この試合がシティでのデビュー戦となったケヴィン・デ・ブライネ。24歳のベルギー代表MFは25分に負傷のセルヒオ・アグエロと交代で入ると、チーム最多となる5つのチャンスを創り出した。今後の活躍が楽しみだ。