今季から母国コリンチャンスでプレーするFWヴァグネル・ラヴ。全国選手権1部第25節、ジョインヴィレ戦でリーグ8得点目を決めた。

31歳のストライカーはリーグ首位を走るチームにおいて、確かな存在感を見せているようだ。

ただ、この試合ではこんな痛恨の場面も…。

ゴール前でフリーでシュートを放ったラヴ。1本目はGKに止められたものの、こぼれ球につめてゴールゲット…かと思いきやまさかのシュートミス。

ゴールは完全にガラ空きだったものの、カバーにきたDFを察知して上部を狙い過ぎたのか、ありえない失敗となってしまった。

この場面について「ショックだった」と語ったラヴだが、この後得点も決めて、チームも3-0で勝利。きっちり名誉挽回できたことで、「コリンチャンスを助けられたことを神に感謝する」とも述べていた。