9月21日、『Telegraph』は「アーセナルのファンは、今後マイク・ディーン主審を同チームの試合に起用しないよう求めるオンライン署名活動をスタートさせた」と報じた。

先週末の土曜日に行われたチェルシー対アーセナルの試合は大きな論争を呼び、数日経ってもまだそれは終息していない。

挑発に乗った形で退場したガブリエウ・パウリスタ、そしてそれを仕掛けたジエゴ・コスタに対してはサッカー協会が懲戒処分を与える方針で動いており、今後の試合にも影響を与える可能性が高くなっている。

これを受けて、アーセナルのサポーターはオンライン署名活動サイト『Change.org』で「マイク・ディーン主審を今後アーセナルの試合に起用しないようサッカー連盟に要求する」という目的のページを立ち上げた。

賛同者15万人が集まった場合には本当にイングランドサッカー協会に請願が行われることになっており、現在は既にその半分以上に当たる7万5000人を突破している。