スウェーデン1部リーグ、ハンマビー対AIKソルナ戦のダービーマッチで痛ましいアクシデントが起きてしまった。

試合終了間際、左からのクロスに合わせたハンマビーのMFエリク・イスラエルソンが値千金の決勝点を決めたのだが…。クロスに飛び込んだイスラエルソンはDFニルス=エリック・ヨハンソンと激しく衝突。頭部が相手の肩付近を直撃しており、そのまま頭から人工芝のピッチへ落ちてしまった。

このアクシデントで意識を失ってしまったイスラエルソンはすぐさま救急車で病院へと搬送された。

現地メディア『aftonbladet』によれば、幸い命に別状はなかったものの、ひどい脳震盪で、一晩は入院して様子を見ることになるとハンマビーのスポーツディレクターが語ったそう。

衝突直後の様子について、ハンマビーのドクターは「我々は向かった際、彼の意識はなかった。気道を確保し、首と脊髄を安定させた。だから(その場での処置に?)時間がかかった」と述べたという。また、体に麻痺などはないそうで、重傷ではないものの、経過を見る必要があるとしているとのこと。脳出血や損傷はなく、強い脳震盪であったようだ。

両チームの譲れない思いがぶつかるダービーマッチで起きたショッキングな事故だったが、重傷には至らなかったようで一安心である。