ブラジル代表の最多出場記録保持者で、ミランで長くプレーしたカフー。今月行われる2018年ワールドカップの南米予選で、ブラジル代表のゲストコーチを務めることが決まっている。

ブラジルサッカー連盟の公式Twitterアカウントは、ドゥンガ監督との2ショット写真を掲載している。

両氏は世界王者に輝いた1994年ワールドカップをともに戦った間柄であり、どちらもセレソンがワールドカップで優勝した時のキャプテンである(ドゥンガは1994年大会の、カフーは2002年大会のキャプテン)。

さて、そんなカフーが記憶に新しい2004-05シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝について口を開いたようだ。

トルコのイスタンブールで行われたこのシーズンのCL決勝は、ミラン対リヴァプールという対戦カードだった。当時ミランはアンドリー・シェフチェンコやカカ、アンドレア・ピルロといったスター選手を揃えており、最終ラインにはパオロ・マルディーニやアレッサンドロ・ネスタ、カフーといった熟練の選手たちがいた。

試合はミランが前半のうちに3点をリードするもの、リヴァプールが後半の6分間に3点をあげ追いつき、PK戦の末リヴァプールが大逆転で優勝を果たした。

この試合はそのあまりにドラマッチクな幕切れから“イスタンブールの奇跡”と呼ばれており、ファンの間では“カンプ・ノウの奇跡”と呼ばれる1998-99シーズンの決勝同様伝説的な試合として記憶されている。

そんなカフーがあの夜のことを、『FourFourTwo』に対して語ったようだ。

カフー(元ミラン)

(ドレッシングルームで勝利を祝ったかを尋ねられ)

「ああ、それは本当だ。

私が対戦してきたチームの中で最も戦術的理解のあるチームの一つであるリヴァプール相手に、ミランは素晴らしいゴールを3つ決めた。

我々は『自分たちの日だ』と思った。そして力を抜いてしまったんだ。

リヴァプールが最初の2点を決めた時、衝撃を感じた。3点目が決まった時、そのことが信じられなかった。

ミランに落ち度はなかった。リヴァプールがそれに値したのさ。

リヴァプールに対しては大きな称賛の気持ちを持っている。他のチームであれば、ハーフタイムで3-0にされた後にあんな特性を見せられなかっただろう。

実際、PK戦が始まる前でさえ全てが終わったと悟っていたよ。シェフチェンコが延長戦にデュデクの真正面から大きなチャンス逃した時だね」