2018年ワールドカップアジア2次予選シリア対日本戦のキックオフ前、フィリピンはアウェイで北朝鮮と対戦し0-0と引き分けた。

浦和ユース出身で日本とフィリピンのハーフである佐藤大介はこの試合に先発出場。“大アウェイ”の平壌での試合であったが76分までプレーし、勝ち点1の獲得に貢献した。

そんな佐藤は試合後この試合の感想をTwitterに投稿したのだが…そこに添付されていたスタジアムの写真が異様なものだった。

フィリピン選手の後ろに見える観客席にご注目。

スタジアムに押し寄せた観客が赤、青、白の三色を彩り、壮大なコレオグラフィーを演出していたのだ。

スタンドに描かれたのはもちろん北朝鮮の国旗である。これほどまでに統一感のあるコレオはそうお目にかかれず、敵地へと乗り込むアウェイチームを抑圧するに十分な完成度だ。

試合後(試合前?)もこの通り。

試合が行われたのは4万人規模のキム・イルソン・スタジアムであるが、佐藤は試合後「アウェー観客50,000人の中なんとか北朝鮮に0-0で大きな勝ち点1を取れたのはすごくでかい!」と呟いている。