インターナショナルマッチウィークに突入し、ヨーロッパのトップチームは多くの選手が不在となっている。

先週末にドルトムントに勝利しブンデスリーガで無敗をキープしたバイエルンには、すでにドイツ代表から引退しているフィリップ・ラームやリハビリ中のアリエン・ロッベン、代表チームに招集引退しているフィリップ・ラームやリハビリ中のアリエン・ロッベンやその他の若手選手が残っており、トレーニングに勤しんでいる。

そんななか、世界最高峰のロングキック精度を誇るあの選手が、若手選手とロングシュート対決に挑んだ。

2014年ワールドカップ終了後にスペイン代表を引退したシャビ・アロンソだ。

ゲームの内容はいたってシンプル。ハーフウェーラインあたりからボールを4本蹴り、何本多くのロングシュートを入れられるかというものだ。

シャビ・アロンソはバイエルンⅡに所属するルーカス=ユリアン・ショルの挑戦を受けて立ったのだが…なんと19歳の選手に2-1と敗れてしまったのだ。

勘の良い人ならすでにお気付きかもしれないが、実はこのルーカス=ユリアン・ショル、バイエルンやドイツ代表で活躍したメーメット・ショルの息子である。

偉大なる”パスマスター”に勝利したということで、ショルもきっと大きな自信になったはず!

しかし、キックの軌道やスピードはシャビ・アロンソが格の違いを見せつけており、そのキックは美しさすら感じるものである…。