若くしてインテルに引き抜かれ、その後日本の藤枝MYFCでプレーしたことでも知られるブラジル人FWケルロン。

今年で27歳になったケルロンは現在、アメリカのマイアミ・デイドFC(4部相当のAPSLというリーグに所属)に在籍している。

そして、彼の特技といえばなんといっても“アシカドリブル”!今でもその技術は健在のようだ。

これは今年7月に撮影されたと見られる映像。タッチライン際でボールを持つと、ひょいと頭上に浮かして“アシカドリブル”を開始!わずか数秒ではあったが、体に染みついたその技術を見せてくれた。

ちなみに、“アシカドリブル”は父親のアドバイスから編み出した技で、本当はプロになるまで秘密にしておくはずであったが、我慢しきれずユース時代に使ってしまったらしい。ブラジル国内では「相手を侮辱する行為」として賛否両論があった。

最後に、必見の“アシカドリ”まとめを紹介。もはや芸というべき超絶技巧だが、これは相手に削られるはず…。