プレーオフに向けて、佳境を迎えているMLS。

モントリオール・インパクトのディディエ・ドログバは敵地でのコロラド・ラピッズ戦で素晴らしいフリーキックを決めてみせた。

視線はGKではなくボックス内に向けられており、当然中で合わせてくるかと思いきや、蹴られたボールはゴールに向かって一直線!

目線で完全に相手GKをだまくらかした格好である。これはお見事としか言いようがない。

このゴールが値千金の決勝点となり、モントリオールが1-0で勝利。イースタン・カンファレンスでプレーオフ圏内ぎりぎりの6位につけているモントリオールは残り2試合で7位オーランド・シティに勝ち点差4をつけている。

ドログバはこれでMLS9試合で9ゴールとまさに大車輪の活躍ぶり!試合後には「ここでプレーするのはとても難しい。タフだよ。でも、僕らはこの高地(試合開催地は標高の高さで知られるデンバー)にとてもうまく対処した。この結果を手に入れるために、皆でハードワークをした」と語っていた。