アーセナルはアヤックスのヤングスター、リーシェトリー・バズールに再び興味を持っているようだ。

『Mirror』によれば、指揮官のアーセン・ヴェンゲルが19歳のバズールの大ファンであり、オランダきっての才能を視察するためにスカウトを何度も送り込んでいるとのこと。

バズールはPSVの下部組織からアヤックスの下部組織に移った選手であり、16歳でトップチームに帯同した逸材。DF登録ながら中盤のトップ下でもプレーするなど、ポリバレントな才能を持つ選手として話題になり、昨シーズンのエールディヴィジでは17試合に出場した。MF登録となった今シーズンは中盤の右サイドで起用されている。

アーセナルは1月の移籍ウィンドウでの獲得を目指しているようだが、まだ19歳と非常に若い。アヤックスを納得させるには相応の移籍金が必要になるだろう。