今年8月、ヘルタ・ベルリンからブルサスポルへと移籍した細貝萌

ここまでトルコリーグで3試合に出場しているのだが、このほどこんな投稿をInstagramにしていた。

細貝が紹介したのは、小さな男の子が細貝に対してメッセージボードを掲げている様子。

この少年の名はニクラス君といい、細貝がこの夏まで在籍していたヘルタ・ベルリンのファンであるという。そして、細貝のユニフォームを欲しいと思いこうした“作戦”に出て見事憧れの細貝からユニフォームをゲットすることに成功したようだ。そして感激したニクラス君はその場で泣いてしまったという。

このお話は昨年夏のこと。

ドイツ『Berliner Kurier』が伝えており、日本でも一部のファンの間で話題になっていたのだが、細貝がトルコに移籍してからもニクラス君との交流があるのだろうか。このタイミングで細貝はニクラス君の写真を投稿し、「僕のベルリンでベストフレンド」と紹介したのだ。これはニクラス君も嬉しいはず!

細貝は他にも「ここトルコでも頑張るぞ」と投稿しており、ニクラス君に対して感謝の気持ちも綴っている。

9月20日のフェネルバフチェ戦以来、出場機会のない細貝。ニクラス君のサポートが、奮起をもたらすかもしれない。