今夜エイバルとの試合を控えるバルセロナ。先日行われたUEFAチャンピオンズリーグのBATE(ベラルーシ)戦では、セルヒオ・ブスケツがこんなプレーを見せていた(黄色がバルサ、青がBATE)。

自陣内でボールを奪ったバルサ。

ラキティッチからボールを託されたブスケツだったが、相手に四方を囲まれている状態であった。それでも全く慌てることなく、ボールをキープし、寄せてきた1人を腕でスクリーン。そして、もう1人が寄せてきたところで、ヒールを使いフリーのラキティッチへパスを通してみせた。

ボールキープで絶妙な“間”を自ら創出したブスケツ。相手も激しく寄せてきたわけではなかったが、これくらいことなら平然とやってしまうところに彼の凄さがある。

カンプ・ノウで行われる今夜の対戦を前に、乾貴士はダニ・アウヴェスとの対戦を楽しみにしていると語っていたが、ブスケツとの攻防も見てみたいところだ。