バイエルン・ミュンヘンのドウグラス・コスタとティアゴ・アルカンタラがやった“肩”リフティングがすごいと話題になっている。

肩で意のままにボールを操る2人。ここまで巧くはなかなか出来ないはずなのだが、まさにボールは友達状態である。

2人がこれまでいかにボールと戯れてきたのかが、よく分かるようなシーンでもあった。そして、ティアゴが冒頭でさりげなくやったトラップも見事である。