リヴァプールのホームスタジアムであるアンフィールドは、現在改修工事の真っ最中。

現在4万5000ほどのキャパシティは6万ほどに拡張され、イギリス最高クラスのファシリティを備えたスタジアムへと生まれ変わる予定だ。

そんな今回の拡張工事では、第一段階としてメインスタンドを三層構造にし、8500席程度を追加する。現在はそのメインスタンドの工事が行われているのだが、その工事の進行の様子を、リヴァプール公式が伝えてくれていた。

こちらは、タイムラプス動画と呼ばれるもの。

タイムラプス動画とはある対象を定点から定間隔で撮影し、その写真を組み合わせることで作成された映像である。これにより、工事現場などの様子を時系列で見ることができる。タイムラプス動画は新たな表現方法として注目されており、日本のテレビ番組などでも特集が組まれている。

00:20ほどまではほとんど変化のないアンフィールドだが、そこから先は一気に巨大化!

まだ鉄骨を組み立てている段階だが、この映像だけでもアンフィールドがどれだけ大きくなるかが想像できる。

アンフィールドの改修工事

01:00頃からは、メインスタンドの上部に鉄骨を組み立てるシーンも。なるほど、巨大構造物の建設ではクレーンを用いてこうしているのか…。

アンフィールドの改修工事は、2016-17シーズンの開幕を目標に行われている。