MLSトロントFCはセバスティアン・ジョヴィンコの凄まじい活躍に牽引され、クラブ史上初めてプレーオフに参戦した。

このほど、モントリオール・インパクトと激突したのだが、相手FWディディエ・ドログバにゴールを許すなど、0-3で敗戦。

MFマイケル・ブラッドリーは「答えを探すのは簡単じゃない」とショックを隠せず、グレッグ・ヴァニー監督は「我々は学んでいる最中だ。これ(敗戦)から成長しなければならないし、オフシーズンによりよくならなければならない」と今後への課題を口にしていた。

これでシーズン終了となったジョヴィンコには試合後、こんなシーンもあったようだ。

詳細は分からないが、フェンスの外のファンとやり合いになり、係員と同僚に止められていたように見える。敵地モントリオールのファンといさかいになったとも伝えられている。

MLS参戦1年目で、22ゴール16アシストという圧巻のプレーを見せつけたジョヴィンコ。この冬にバルセロナへ移籍するのではないかとも噂されており、今後の去就が注目されそうだ。