ユルゲン・クロップ率いるリヴァプールとジョゼ・モウリーニョのチェルシーが今夜ついに対戦する。実はメル友だったという2人が対決する試合の行方は大きな注目を集めている。

さて、そのクロップは先日のリーグカップ対ボーンマス戦でリヴァプールでの初勝利を飾った。

「本当に満足しているよ。この(日の)チームは一度も一緒にプレーしたことがなかったし、若手選手たちは本当によくやったからね」と語っていただけあって、試合後は若手たちとハグしまくりであった。

ジョーダン・アイブ(19歳)

ジョアン・カルロス(22歳)、ディヴォック・オリギ(20歳)、マルティン・シュクルテル(30歳)

ジョー・アレン(25歳)

DFコナー・ランドール(20歳)

どの選手に対しても、ちゃんと目を見ているのも印象的である。この人から笑顔でハグされて、嫌な気持ちになる人などいないはず…。

さて、スタンフォード・ブリッジでの決戦に向けて、クロップは相手の仕事ぶりはよく分からないと語っているが、しっかりと研究もしているはず。キックオフが今から楽しみだ。